共有ヘッダー ディレクターズチェアーの張替え:キャンプdeソーイング

ディレクターズチェアーの張替え

友人にディレクターズチェアーの張替えを頼まれました。

最初に買ったキャンプグッツなので愛着があるとのことで、
大事に使われてきたようだが、流石に生地はくたびれてきています。

 

ほつれ

生地以外は全然現役で、確かにもったいない。

私でお役に立てるなら(゚∇^*)

 

まず、採寸して、力の掛かる部位を調べる。

このタイプの椅子は折りたたむ&仕舞う時に一番テンションが掛かるようで、
どうしても生地の劣化とともにビロビロになっていく事は避けられそうに無い。
なら、一定期間で新しい生地に交換できるようにしておけば言い訳だ。

 

繰り返しばらせるように


絞め殺しされているリベットをグラインダーで削り落とし、
ダブルナットで止めておく、

差込む向きを変えてあるのはワザとです。
危ないので基本的に内向きにしておきたいのですが、
座面に近い辺りのネジはお尻を引掻かないように外に向けて、
袋ナットを使用しています。

 

 

さて、生地の柄ですが、私の椅子では無いので悩みました。
40代男性です、 ん~ 超プリチーにしちゃおうか( ´∀`)ケラケラ
結局真面目な私は無難な柄にしてしまいましたけど、
自分のならもうちょっと冒険したかも。

 

アオ海亀柄

 

 

以前の既製品状態からの変更点は、 肘パットに同じ柄でカバーを付けた事、

 

肘パットカバー

 

 

持ち運ぶときのハンドルを付けたこと。

ハンドル

 

 

背もたれと座面を繋いだこと
冬の寒い時期はあるのとないのとでは違いますからね。

背もたれ

 

そんなに難しくないので挑戦してみては♪(゚▽^*)ノ⌒☆

 


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ディレクターズチェアーの張替え

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mokkouya.com/mt/mt-tb.cgi/149

コメント(2)

よしお :

いやぁ~気付かない細かい所にも工夫が色々と隠されているのですねぇ~
特に持ち運びハンドルは使えるバージョンアップでしたね。
大事にしますよん。
ありがとございやしたm(_ _)m

木工や :

>よしおさん

喜んでもらえて嬉しいです。
生地が伸びてきたらまた言って下さい。
[木工やスタイル]は永久保証です。
金は取るけど(^-^*)

コメントをどうぞ






RSS2.0