◆酒のつまみ♪の最近のブログ記事

DSC01881.jpg



ボジョレー・ヌーヴォー (Beaujolais Nouveau) は、
フランスのブルゴーニュ地方南部に隣接する丘陵地帯、ボジョレーで生産される赤ワインの、その年の11月に出荷される新酒プリムールのことである。
 その年に採れたブドウから作り込むために、MC(マセラシオン・カルボニック)法と呼ばれる急速にブドウを発酵させる技術が用いられる。

醸造期間は数ヶ月と早い。その独特の製造方法のために、ごくわずかながら炭酸ガスを含有する。
それゆえ、また独特の清涼感をも感じさせてくれるワインでもある。




ボジョレー・ヴィラージュ (Beaujolais Villages)と呼ばれる、より限定された地域のものにも新酒があり、こちらには「ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー」というラベルが貼られる。

これらは、その年に収穫されたブドウ(ガメ種)を使用し、
それぞれの国の現地時間で11月の第3木曜日(=11月15日~21日のうち木曜日に該当する日)の未明の午前0時に一般への販売が解禁される。
 特に日本は時差の関係から、世界の先進国の中で最も早く解禁の時を迎えると言われ、
この時のために、ワインとしては例外的に空輸される。
24時間営業のスーパーマーケットやレストラン、バーなどでは、
イベントも兼ねて当日午前0時になった瞬間に販売を始めるところも多い。
梱包箱には「○○年11月○○日午前0時以前の販売および消費 厳禁」の文字が書かれている。




ウィキペディアによるウンチク!のコピペ

マスコミもよく
「日本が先進国の中で最も早い」と報じているが、
もし時差通りなら、実際にはニュージーランドのほうが早いことになる。
マスコミが意図的に誤報を広めているのか、
それとも別の理由があるのかは不明である。

日本ではバブル時代の1980年代に大きなブームになり、
解禁日未明に成田空港に行って飲む人まで現れるなどの状況であったが、
バブルの崩壊でブームが終わった。
しかし1997年頃からの赤ワインブームに乗って再び脚光を浴び、
バブル時代を上回る市場規模となっている。
2003年ものは過去最大の販売数量を記録した。
現在、スーパーマーケットや酒店、コンビニなどの一般小売店で1本あたり2,000から3,000円程度で販売される。
通常の赤ワインと違って、少し冷やして飲むとおいしいとされる。
現地においては高値で多量(輸出量の半分を日本が占める)に買い漁る日本のやり方に対する批判が存在する。
なお、現地での価格は日本の数分の一である

このヌーヴォーは、そもそも当地の農民が収穫を祝ったのが始まりとされる。
そのため、本格的な輸出が始まったのは1968年と遅く、
当初の解禁日は11月15日であったが、
1984年から解禁日を11月の第3木曜日に改められた。
解禁日が設けられた理由は、ヌーヴォーがよく売れるということで
各メーカーがどこよりもいち早くヌーヴォーを出荷しようと競い合っていたものがだんだんエスカレートしていき、ついにはワインとして十分出来上がっていないにもかかわらずワインとして出回るようになってしまったからである。
解禁日が設けられて以後、各メーカーはこの解禁日までにワインとしてきちんと作り込むこととなった。

ヌーヴォーは業者の販売戦略であろうと推測されるが「今年のボジョレーの出来は気候に恵まれ例年以上の出来という事です」と必ず毎年触れ込む。

本つぼ鯛

| コメント(0) | トラックバック(0)
バーべキューで炭で網焼きにすると絶品、
脂ののった本つぼ鯛、

私も知人に教えてもらって
初めて食べた時から虜になりました、
近くの市場に行ってもなかなか手に入らない、
レアなお取り寄せ食材、
まだ食べた事無い方は急げ!

マジ美味いよd(^^*)

楽天市場