◆魚料理の最近のブログ記事

マスを捌いています

| コメント(0) | トラックバック(0)
ふぅ~ やっと下処理終わった。

捌いたマス

これらも燻製にしま~すo(゚▽゚)/
先週 千葉で釣ったシロギスを
フライにして食べました。

デジ一写真 027

包丁の背でウロコを取り、頭を落とします。
デジ一写真 030デジ一写真 032

お尻から包丁を入れ 開き、内臓を取り除きます。
そのまま開いて、背骨を取り除き、
水分を拭きとったら塩・コショウをします。
デジ一写真 045

後は衣を付けて揚げるだけ~
デジ一写真 047デジ一写真 048


デジ一写真 051

子供は喜んでバクバク食べてくれました。(手づかみで・・・)
デジ一写真 053





開いた一夜干しイナダも焼きました。
デジ一写真 002デジ一写真 005


後ろからもの凄い視線を感じます、
「ハイハイ ちょっとあげますよ~」
デジ一写真 006

アマゴ ゲット!

| コメント(0) | トラックバック(0)
東京の最西部奥多摩でアマゴが大漁!

一部を燻製にしようと、
先ほどソミュール液に漬け込みました。
IMG_1124.jpg

マスを燻製にしようとすると結構手間が掛かるのである。

ソミュール液とは、簡単に言うと「味の付いた塩水」
大量の塩に、香草やつぶ胡椒など、
色々ぶち込んで大鍋で軽く煮込んで作ります。

そこに下処理の済んだマスを入れて、
8~12時間冷蔵庫で寝かせます。
(短時間では隅々にまで塩が入りません)


その後、流水で2~6時間掛けて、
入りすぎた余分な塩分を今度は抜き取ります。
11302.jpg


そして風乾、
アミに入れて日陰で風に当てて水分を飛ばします。
自然の風が理想ですが、無ければ扇風機で煽り、
マスの表面が乾燥してくるまで続けます。
(水分が多く残っていると燻製がかかりません。)
13032.jpg



ココまで来ればあとは現地で燻製にかけるだけです。
39132.jpg


今週末カワセミ河原に来た人だけが食べれます。
お楽しみに♪(゚▽^*)ノ⌒☆

 

本つぼ鯛

| コメント(0) | トラックバック(0)
バーべキューで炭で網焼きにすると絶品、
脂ののった本つぼ鯛、

私も知人に教えてもらって
初めて食べた時から虜になりました、
近くの市場に行ってもなかなか手に入らない、
レアなお取り寄せ食材、
まだ食べた事無い方は急げ!

マジ美味いよd(^^*)

楽天市場