冬のお勧めの最近のブログ記事

川島町の名物は、
夏の「すったて」に対して、
冬は栄養豊富な大豆を使用した
川島に伝わる郷土料理「かわじま呉汁」です。

TKY200712190176.jpg
写真は泉の里の「かわじま呉汁」



TKY200712190175.jpg

大豆をすりつぶしたものを「呉」と言い、
それを汁仕立てにしたのが「呉汁」です。
これをベースに「いもがら」のアクセントと
たっぷりの野菜を加え、
その旨みと栄養を凝縮した料理が、
「かわじま呉汁」です。

体の芯から温まる「かわじま呉汁」は
町内13店舗で食べられるので
ぜひ旅の途中に川島町にお立ち寄り下さい。
(~3月まで)



取り扱い店舗は「呉汁マップ」をご参照下さい。


ぼたん鍋




ここんとこ凄い寒波が押し寄せて来てて寒いですね~。
私 夜勤なもんで堪えます。

こんな寒い時期は温かお鍋がいいですね。

で、「埼玉・鍋」と言って思いついたのはぼたん鍋、
そう!イノシシさんです(゚Д゚*)ノ⌒
いわゆる獣肉ではあるが臭みも無く、豚肉よりもコクがあり、
江戸の昔から関東から西の山間部で主に冬場の貴重なタンパク源として
食べられてきました。
そのその豊富な栄養価から「山鯨」とも呼ばれ、「薬食い」と称して、
病人や妊婦などが元気になるように食べさせていたと言われています。

「ぼたん鍋」はイノシシ肉をボタンの花に似せて皿に盛り付ける事からそう呼ばれ、
薄く切ったイノシシ肉と野菜やきのこを、
醤油や味噌で味付けしたスープで煮込むのだが、
イノシシ肉は牛肉などと違い、煮込めば煮込むほど柔らかくなるため、
鍋物には最適です。

最近は大型スーパーなどで丸ごとセットも販売していますので、
キャンプでもお手軽に鍋もいいよね。


イノシシ鍋の美味しい長瀞地区ではイノシシ鍋屋も多く、
長瀞オートキャンプ場なら目の前にお店がありますので
手ぶらで出かけられるからラクチン(*゚ー゚)_♪
「ステーキとぼたん鍋の館 千葉亭」ではぼたん鍋2000円~
その他 もみじ鍋、牡蠣鍋、しゃぶしゃぶ、カニ鍋、ふぐちり鍋など。
土日祝日の営業時間 11:00~21:00
電話0494-66-2980
※上記写真はこの宿のものとは違います



長瀞オートキャンプ場

ステーキとぼたん鍋の館 千葉亭







■◇◆楽天ショップからの名品お取り寄せ 自宅で最高級ぼたん鍋◆◇■

●兵庫県丹波産 猪肉ぼたん鍋セットB【冷凍】(送料込)10000円
●京都丹波「いづつ屋」【冷凍出荷】京都丹波産天然猪肉鍋用味噌・ダシ昆布付き(4~5人前)(送料込)7300円
●【丹波純系猪肉 300g(2-3人前)(送料込)】4500円